−認定工場について−

 大臣認定の法的位置付けについて
  大臣認定とは、性能規定化された改正建築基準法に基づき、鉄骨製作工場において
  製作された鉄骨溶接部の性能について、評価に基づき大臣が認定するものです。

 性能評価について
  大臣認定を取得するために必要な評価は、指定性能評価機関の指定を受けた全構協が、
  大臣が認可した「性能評価業務規定」(評価基準などを定めたもの)に基づき、行います。

 性能評価基準について
 ◆ 書類審査  ◆ 工場審査
  ・管理の組織体制   ・主要材料、加工、組立溶接及び溶接に関する
  ・所定の資格者の有無、及び配置    品質管理状況
  ・社内規格(工作基準・検査基準・   ・溶接入熱、パス間温度の管理状況
    製作要領書作成基準・外注管理   ・製品の検査方法
    基準)の内容   ・製造設備、検査設備の点検状況
  ・所定の製造設備、検査設備の   ・社内教育の実施状況
    有無   

 性能評価基準について
  評価は、学識経験者など公正な評価員(全国で約150名)及び調査員(全国で約120名)が、
  書類及び工場の実態を審査のうえ、厳正に行います。

 対象となる鋼構造物について
   1. 建築鉄骨
   2. 建築鉄骨以外の主な対象となる鉄骨溶接構造物
・プレハブ住宅用鉄骨  ・鉄塔、煙突  ・遊戯施設等  ・コンベア架台 
・立体駐車場、自走式駐車場鉄骨   ボイラーフレーム  ・その他工作物
 (大型仮設工作物含む)
  
・ラック鉄骨
・階段 ・広告塔、高架水槽   

 グレード区分と適用範囲
  鉄骨製作工場の評価は、溶接を伴う、建築構造物を、建築規模、使用する鋼材等により
  5つのグレードに区分して行われます。
グレード区分と適用範囲Jグレード Rグレード Mグレード Hグレード Sグレード
 建物規模  3階以下の
建築物 
 5階以下の
建築物 
制限なし 制限なし 制限なし
 延床面積  延べ面積 
 500u以内 
 延べ面積 
 3,000u以内
 
制限なし 制限なし 制限なし
 建物高さ 13m以下
(軒高10以下)
20m以下 制限なし 制限なし 制限なし
 鋼材種類 400N490Nまで 490Nまで 520Nまで 制限なし
 鋼材板厚 16o以下25o以下 40o以下 60o以下 制限なし
 通しダイヤフラム 490Nまで
22o以下
32o以下 50o以下 70o以下 制限なし
 ベースプレート 490Nまで
50o以下
50o以下 制限なし 制限なし 制限なし
 弊社適用グレード
=Mグレード適用範囲=
中高層ビルを中心とした
建築工事の取扱い
 鉄骨製作工場の認定書